2014年03月31日

日本酒 ゆきの美人@秋田県

DSC_1095.JPG日本酒入荷状況です


秋田県から参りました
ゆきの美人 純米 完全発酵

旨味を、最大限に引き出し
スッキリしたキレのよさ
バランスが絶妙です
posted by 竹膳 at 20:10 | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

日本酒 生もと とは?

日本酒入荷情報ばかりでなく
たまには日本酒造りのご説明を


前回の記事に
生もと造り とありまして
日本酒造りの1つだとお伝えしました


もう一歩踏み込んだご説明を!


生もと とはなんぞや?

サクッと申し上げますと
昔ながらの日本酒の造り方です


昔ってどれくらいなの?
江戸時代は元禄から伝わる日本酒造りの技法なんですね


江戸時代から日本酒造りが行われていたなんて
神秘的です


この生もと造りの日本酒はどんな味なんでしょうか?


しっかりとした酸をもった味わい深い
パンチのある骨太な日本酒です

その為
冷酒で呑むより
温めた方が旨味成分が際立ち
香りも立ちこめ、華開きます


正直申し上げますとビギナー向けです(笑)




お次
生もと造り特有の工程があります

山卸し(やまおろし)です

木桶に蒸し米と水、麹を入れすり潰す作業


この作業を繰り返しながら
空気中や蔵に住み着いている自然な菌(蔵つき酵母)が
入って来るのを待ちます

タンクの中ではお酒造りに適している菌と
そうでない菌が発生し
適している良い菌を増殖させ
そうでない菌をやっつける為に乳酸菌を成長させます



その為生もと造りの日本酒は
しっかりとした味わいの日本酒になるんです

これが
日本酒のもと となる酒母(しゅぼ)が出来上がります



その間蔵元さん達は寝る間を惜しみ
温度調節等しっかりしながら
約一ヶ月、手間暇かけて造り上げます



最近では
雑菌の増殖を防ぐため
乳酸菌を人工的に添加する造りが主流です
これが
速醸造りです!


日本酒造りは大きくわけて

昔ながらの 生もと造り
現代的な 速醸造り

となるわけです!



極力わかりやすく書いたつもりですが
おわかり頂けましたか?

一応女将
日本酒のお勉強もしております(笑)

可愛がって頂いている蔵元さんに
教えていただいてます



わたくしはお店で
ウンチクを言うのはあまり好みません


人の味覚は千差万別、十人十色

自分の口に合わないお酒が決して不味いわけではないのです

自分の口に合わないだけ
ただそれだけなんです




竹膳でお取り扱いさせて頂いている
全ての蔵元さんが
想いを持って一生懸命酒造りされています

その想いを乗せて
お客様のお口に合った日本酒選びを
お手伝いさせて頂きたい!

そんな想いを携えながら
女将は毎日お店に立ちます



是非
お客様のお好みを聞かせてくださいね


ではまた
posted by 竹膳 at 22:38 | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒 麓井の圓@山形県

DSC_0973.JPGまた寒くなりましたね
体温調節が苦手な女将は
大変辛い季節です


さて日本酒入荷情報


山形県から参りました
麓井の圓 生もと純米辛口

生もとと言うのは日本酒造りの作り方の名称で
また別記事で説明を

こくかありながら辛口のキレのよさ
ぬる燗がオススメ〜〜


呑みたい!!(笑)
posted by 竹膳 at 17:22 | 女将のお気に入り 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

日本酒 杣の天狗@滋賀県

DSC_0971.JPG日本酒入荷情報です


滋賀県から参りました
不老泉で有名な上原酒造さんより

杣の天狗 純米吟醸 生原酒
発泡しており更に薄濁りです

女将はぬる燗が好きなんです〜〜
オススメ
posted by 竹膳 at 20:14 | 女将のお気に入り 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1丁目3番24号エスパス北新地20-2F
TEL & FAX:06-6346-3030

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。